2010.05.02

『待つ』ということ

つっちです!
先日小学校二年生の男の子の患者さんを拝見させていただきました。
その子は五歳から当院にいらしていただいている患者さんで、
初診時からずっと私が拝見させていただいております。
初めは全くと言うほど私と話してくれず、
話す時はお母様の耳にコソコソ話をしてから、
お母様が私に伝えて下さるという状態でした。
また、とても怖がりで、なかなか処置もできず
私はとても心配していました。
あれから約二年。
彼は『学校でドッジボールをするのが好き!でも逃げるタイプだけどね(笑)』
『今日はレントゲンとるんでしょ?早くいこう!』
私にたくさんのことを話してくれます。治療や処置も上手にできるようになりました。
初めはあんなに大変だったのに、今が嘘のようです。
彼も大きくなり、前よりたくさんのことができるようになっていることが、私もとても嬉しく感じています。
子供達は確実に成長しています。
彼には、『焦らずにその子が出来る時まで待つ』ことも大切だ教えてもらいました。
これからも、彼に寄り添いながら、健康を守り育てていきたいと思っています。

| ブログ一覧を見る | | 2010年5月2日(日) |

【診療受付】
09:00~12:00
14:00~19:00
:18:00まで 休診日:日 ※祝日も診療