2014.12.18

プレオルソ

秋庭です。

小児歯科情報第一号です!

小児歯科に限らず、健康に関することなど

お役立ち情報をお送りしていきます。

よろしくお願いします。

 

先日、プレオルソというシリコンベースでできた

既製品の矯正装置のセミナーに参加してきました。

 

「矯正前」という意味の装置ですが

矯正専門医の大塚淳先生が本格矯正をはじめる前に

治りを良くするために開発されました。

 

どういう仕組みかというと、シリコンの枠内に歯が入る

ことによってある程度歯ならびを整えることができます。

ここからはちょっと難しいのですが、

舌の下に延びたシリコンが舌を上に上げさせて、

さらに頬・唇と歯の間にシリコンのシールドが入り

頬・唇の周りの筋肉が歯を内側に押す力を

排除してくれたり、弱まった口の周りの筋肉を鍛えたりと

筋肉のバランスを整えてくれます。

基本的に夜間に装着ですが、日中口の中にいれて

パフパフ動かすことが大事だそうです。

 

なぜこれを矯正前にやるかというと

もともと歯並びが悪くなる原因は

口の周りの筋肉が弱かったり、

舌が歯を押してしまっていたりと

筋肉のバランスの乱れが大部分を占めているからです。

せっかく歯ならびを良くしても筋肉が整っていないと

またもとの状態に戻ってしまうのです。

 

僕はこの筋肉を整える「筋機能療法」に注目しています。

完全に歯ならびが治らなくても筋肉を整えることによって

顔の発育や呼吸の改善は見込めます。

 

矯正で目指すゴールは様々ですが

一つのツールとしてまさき歯科でも取り入れていきます。

詳しくはスタッフまで!

20141214_143939

20141225_140823

ポケモンみたいなケースがかわいいです!

赤と青があります。

20141225_140659

本体です。

柔らかいですがコシがあります。

これなら口の中に入れても痛くなさそうです。

 

| 小児歯科一覧を見る | 秋庭 | 2014年12月18日(木) |

【診療受付】
09:00~12:00
14:00~19:00
:18:00まで 休診日:日 ※祝日も診療